CLOSE

NEWS

連載「憧れの逸品」No.163 着ているだけで洒落るセリーヌのアウター。

テディブルゾンといえばエディ・スリマンが生んだメンズファッション史にその名を太字で刻まれるアイテムである。これを核とした〈セリーヌ(CELINE)〉のアウターはいずれも垂涎の域にある。

足すことも引くこともできないこのデザイン&パターンは凡百のデザイナーには到底辿り着けない境地にあるが、見逃せないのがテクスチャーの面白さだ。

デニムに陰影を生むダークユニオンウォッシュと呼ばれる加工を施したサードタイプのジャケット、コントラストカラーのステッチで仕上げたスエードジャケット、そして細畝のコーデュロイをまとったテディブルゾン。服にはまれに、着手や着手のセンスをすっ飛ばして、着ているだけで只者じゃないと思わせる一着が存在するけれど、ここで紹介したアウターがまさにそれに当たる。



背面に「CELINE PARIS」のパッチワークを施したテディブルゾン。¥280,000+TAX(予価)



ジージャンは刺繍であしらわれた「CELINE PARIS」の文字が目を引く。¥125,000+TAX(予価)



70年代のトラッカージャケットを参考にしたという一着はゴートスキンを使用。¥485,000+TAX(予価)

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

セリーヌ ジャパン

電話:03-5414-1401
オフィシャルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る