CLOSE

NEWS

初夏の肝試しは日本橋で。オルタナティブホテルBnA_WALLにて、祝祭の呪物展が開催中。

複合施設「K5」やフードコート「カミサリー(COMMISSARY)」のオープンを筆頭に、国内外の気鋭クリエイターによって再開発が進められる日本橋エリア。昨年4月に誕生したオルタナティブホテル「BnA_WALL」もまた、日本橋エリアのハブ拠点として、アートを通じた新しいカルチャーやコミュニティを創造しています。

空間そのものがアート作品となった客室もさることながら、活発的に行われるエキシビションでも注目を集める彼らが、呪物のコレクション展「祝祭の呪物展」を開催中。“災い”としての呪物を“祝い”の対象として展示する、世にも奇妙なイベントです。

手がけたのは、「呪物は浪漫」と話す都市ボーイズのはやせやすひろさんと、「呪物は格好良い」という考えのもと曰く付きの品々を収集するオカルトコレクター・田中俊行さん。会場では、そんな2人の数百を超えるコレクションのなかから、代表的な数十点の呪物を展示。背景を知るとゾッとする人形や置物に加え、所有するだけで何か起こるかもしれない(⁉︎)グッズ類も合わせて登場します。

普段馴染みのないジャンルではあるものの、GWに大阪会場で開催された際には入場規制が連日続き、およそ4000人もの来場者数を記録。一部のファンから熱狂的な支持を集めるイベントなのです。

舞台となった「BnA_WALL」の外観。

会期は5月29日(日)まで。初夏に向けて、肝試しがてら背筋をヒヤッとさせる呪物に出合うと同時に、生まれ変わりつつある日本橋エリアを散策してみてはいかがでしょう。

INFORMATION

祝祭の呪物展

会期:〜5月29日(日)
場所:BnA_WALL
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町1-1
時間:13:00~20:00
入場料:500円
限定スペシャルツアー付き宿泊プラン
Instagram:@bna_wall

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS