CLOSE

NEWS

連載「憧れの逸品」No.275 寅年にちなんだパラブーツのミカエルとランス。

〈パラブーツ(PARABOOT)〉のアイコン的チロリアンシューズ「ミカエル」と「ミカエル」から生まれたローファー「ランス」のエプロンフロントを飾ったのは虎柄のハラコだ。

寅年にちなんだユーモアであるのは間違いない。いわゆるネタ的な一足だけれど、タイガーパターンの黒、茶、白のさじ加減といい、古式ゆかしい御膳のような艶やかな黒で引き締めるコントラストといい、どこをとっても食欲ならぬ物欲が刺激される一足だ。

くっきりした縞模様はスマトラトラのようだが、白毛の混ざったところはアムールトラを思わせる。ひょっとしたら想像上の虎なのかも知れない。

どちらのモデルも手縫いのモカシン、そして肉厚なラバーソール(MARCHE Ⅱ SOLE)をノルヴェイジャン製法で仕上げた頑強な佇まいを基本構造とする。

ファーシリーズは〈パラブーツ〉における秋冬コレクションの風物詩だが、群を抜いて面白くて、格好いい。




共に〈パラブーツ〉を代表する二足だが、フロントに虎柄のハラコをあしらうことで印象が変化。暗い色味になりがちな秋冬のスタイルにアクセントを与えてくれる。写真上:MICHAEL TIGRE 写真下:REIMS TIGRE 各¥81,400

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

パラブーツ 青山店

電話:03-5766-6688
オンラインストア

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る