CLOSE

NEWS

ドリス ヴァン ノッテンが操る、大胆な色彩のコントラスト。かつてのデザインがデニムの上で蘇ります。

着るひとの感性を刺激するような服づくりを行う〈ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)〉。無味無臭なファッションが当たり前になった時代のなかでも、長年モードの世界で培ってきた圧倒的なデザイン力でファンを魅了し続けています。

この春、登場したのはデニムのカプセルコレクション。

刺繍に代表される通り、〈ドリス ヴァン ノッテン〉の服といえば職人技の賜物ですが、今回は染色にフォーカス。抜染を進化させたブリーチ・ディッピング加工を用い、インディゴブルーとホワイトの大胆なコントラストを描くアイテム群が完成しました。

念のため説明すると、ブリーチ・ディッピング加工を用いた服は、〈ドリス ヴァン ノッテン〉の2011年ウィメンズコレクションのなかで初めて登場。ベルギーの現代美術家、ジェフ・ヴァーヘイエンの光を駆使した作品をイメージする手段として、この加工が生まれました。

彩度の高い色が、同じファブリック上で突然対照的な色に変化するそのプロセスは、いまは亡きアーティストが得意とした、抽象的な色のグラデーションから着想を得たといいます。

2011年のオリジナルデザインを現代のダイナミックでカジュアルなスタイルへと発展させたカプセルコレクション。〈ドリス ヴァン ノッテン〉の直営店とオンラインストア、及び、「SSENSE」のモントリオール本店とオンラインストアで発売中です。

Photo_Sarah Piantadosi

INFORMATION

ドリス ヴァン ノッテン

電話:03-6820-8104
オフィシャルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る