CLOSE
NEWS

食あり・酒あり・音楽ありな、蕨にできた最高のオアシスへようこそ。

日々の生活を豊かにしてくれる、食に酒(20歳以上の方限定)に音楽。そんな三拍子+αが揃ったお店が、埼玉県の蕨(わらびと読みます)にオープンしました。ひとりで行ってもだれかと行っても、行った人にしかわからないよさを感じられるのが、お店に足を運ばせる理由のひとつです。新たにできたオアシスへようこそ。

Photo_Teppei Hori
Edit_Yusuke Suzuki

昼はカフェ&スイーツ、夜はバーへ。

渋谷や新宿あたりから、電車に揺られることおよそ40分。蕨駅を降りて西口から5分ほど歩くと、今回の目的地である「Dubbing Foods Room」に到着します。

「Dubbing Foods Room」は昼にカフェとスイーツ、夜になるとバーへ姿を変え、スケーターやバンドマンなど目の肥えた人たちの間で話題のお店です。

前のテナントの名残りにかなりパンチがありますが、店先に植物が置かれたドアを開けるとカラフルな壁に鮮やかなテーブルクロス、店主の個性が反映された本棚がお出迎え。“ここは海外かな”と思わせる空気が、そこには流れています。


お邪魔したランチタイムは、グリーンカレーやジャークチキン、ナポリタンにBLTサンドなどがサラダとドリンクも付いたセットで¥900というリーズナブルさ。お手製のゴルゴンゾーラチーズケーキも気になるところです。


上/デニス・ホッパーやダリの画集から、名越啓介の写真集に広瀬隆の書籍まで、入り口の脇にある棚には店主の世界観がギッチリと。 下/温かみを感じる手書きのメニュー。ランチセットはもちろん、ドリンクメニューも充実していて、昼からアルコールも楽しめちゃいます。

食事を楽しみ、店内を改めてゆっくり見渡すと、トイレのドアの全面にHIROTTONさんのアートワークが。他にもモデルや俳優としての活動で知られ、CROCODILE COX AND THE DISASTERのボーカルでもある大柴裕介さんによるお店の名前をスローアップで表現したものなど、仲間の作品がお店を彩っています。

ジャークチキンプレートがソールドアウトだったので、スペシャルなジャークチキンサンド(¥900)をセットでつくっていただきました。

こちらも人気のBLTサンド(¥900)。すべてのセットにナチョスとオリジナルドレッシングのかかったサラダ、そしてドリンクが付きます。

15時までのランチが終わったら、休憩を挟んで18時から夜の営業へ。イレギュラーで仲間たちによるDJが聴けたり、友人たちとガッツリ呑むのはもちろん、グッドミュージックに耳を傾けながらひとりでちょっと1杯なんてのも最高なはず。蕨にできた最高のオアシスへ、ご近所の方はサクッと、ちょっと遠いという方もショートトリップ感覚で足を運んでみてください。

INFORMATION

Dubbing Foods Room

住所:埼玉県蕨市中央1-9-8 野口ビル1F
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00
定休日:日曜日
Instagram:@d.f.room

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS