CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.355 ボーダーレスなメゾン マルジェラのデニムジャケット。

キャサリン・ヘップバーンはワークウェアやテーラードジャケットをその着こなしに取り入れ、ジェンダーの概念を覆し、新たなエレガンスを生み出した。

なぜ往年の名女優の話をしたかといえば、〈メゾン マルジェラ(Maison Margiela)〉の新作が彼女のプライベートワードローブを彷彿とさせたからだ。

〈メゾン マルジェラ〉は今シーズンのキーワードに “インフォーマル・フォーマリティ” を掲げた。リリースをそのまま引き写せば、そのキーワードが意図するところは――テーラリングとエレベートされたワークウェアを通じて探求したフォーマリティ、となる。

ストーンウォッシュ加工が絶妙なこなれ感を生むインディゴカラー、そしてイエローのステッチ糸がもたらすマリアージュ効果も見逃せないデニムジャケットは、インフォーマルとフォーマルの境界線を引き直した。まさにこれからのフォーマリティに相応しい一着だ。

その袖を無造作にまくりあげ、家のデッキであぐらをかくヘップバーンが目に浮かんだ。


デニムジャケット ¥222,200

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

マルジェラ ジャパン クライアントサービス

電話:0120-934-779
オフィシャルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る