CLOSE
FEATURE
突き進め、表現者たちよ。菅田将暉と仲野太賀が見据えるクリエイションの光。
映画『タロウのバカ』

突き進め、表現者たちよ。菅田将暉と仲野太賀が見据えるクリエイションの光。

いまを生きる若者と大人、日本社会、衝動、煌めき、そのすべてが真っ向から映し出される映画『タロウのバカ』が9月6日(金)に公開されます。本作は『ゲルマニウムの夜(2005)』、『まほろ駅前多田便利軒(2011)』など数々の話題作において “人間” と向き合ってきた大森立嗣監督の最新作であり、彼自身が20年前に書いた脚本をもとに蘇らせた実質的な処女作でもあります。気鋭の新人・YOSHIと共に主演を務めたのは、菅田将暉と仲野太賀。YOSHIについて、そして、ふたりが挑み続ける “表現” について迫りました。

  • Photo_Baker Taro
  • Styling_Shogo Ito (菅田将暉)
  • Styling_Dai Ishii (仲野太賀)
  • Hair & Make-up_Eito Furukubo(菅田将暉)
  • Hair & Make-up_Masaki Takahashi (仲野太賀)
  • Text_Saori Uemura
  • Edit_Rei Kawahara

3人だけの「駆け抜けて青春」。

ー 役者同士のコミュニケーションなど、現場ではどうバランスをとっていたんでしょうか。

菅田: YOSHIの存在が大きかったんですよ。バランスはすべて彼がパッションでとってくれた感じかな。すきって何? 生きるって何? ってタロウは台詞として吐いてるけど、現実で動いているYOSHIの身体そのものがこの映画の本質のように見えてきて。ぼくらはもうそれに順応していくだけというか。

仲野:うん! 確かにそうかもしれないね。

菅田:物怖じもしないし、パンチもすごかった。でもYOSHIもまだどこか最後までいききれないところがあるんですよ、私生活も役柄も両方。学校の話とか仕事の話とかをしてくれるんだけど、彼の性格上、やっぱりひととのぶつかり合いも多いみたいで。でもその分、生き辛かったり傷つくことも多いから、痛みもちゃんと知ってる。そんなやつがタロウをやってくれると、もうこれ以上無い説得力なわけです。タロウが吠えてんだから、ぼくらも吠えようって。

ー エージの役柄についてはどうでしたか。

菅田:ぼくが演じたエージからすると、タロウみたいにある種、弱い存在であり、ちゃんとついてきてくれる存在がいることで、自分の “国” のような居心地のよさが生まれますよね。そこでしか吐き出せない自分や、なりたい自分がいて。でもいざ、その理想を外にぶつけてみると思い通りにいかなくて、跳ね返りも強くて、また傷ついたりする。

菅田:エージはそれでもどっか諦めたくないけど、やっぱりやり切れない。タロウはそんなこと関係なく突き進んでいける人だけど、経験と知識がない。だからエージについてくる。そして一見いちばん後ろにいるようでいちばん抑制しているんだけど、それゆえに、ある瞬間にブレーキが壊れて誰よりも突き進んでいってしまったスギオ。もちろん気持ちのいい結末ではなかったかもしれないけど、このバランスこそが、彼らにとっての青春というか。

ー たしかに青春ってひとそれぞれで、周りに理解されない、自分だけの宝物みたいなものですよね。

菅田:そうそう。でも、その大切さを解っていても実際やろうとするのは難しくて。だから個人的な目標としては1個だけ、とにかく3人で駆け抜けたいなと。太賀とはプライベートでの関係含め、お芝居の中でも死ぬほど青春できるっていうのは、もう解っているので。

菅田:でもやっぱタロウがわかんないから。もうとにかく3人でゲラゲラ笑いたいなっていうのがありましたね。あるじゃないですか、深夜に友達と遊んでた時に、次の日起きたら謎に動画とかいっぱい撮ってたこととか。

仲野:あるある。

菅田:何がおもろかったんやろこれみたいな(笑)。なんかそういう時間を3人で過ごせたらなっていうのが俺の勝手な目標で。で、それが実際出来たし。現場や劇中にもその時間はたしかにあったので。もう満足って感じですかね。

ー おふたりはプライベートでも仲が良いそうで。あ、いまも水を飲むのが完璧にリンクしてますね。

菅田:そう! 本当によくあるんですよこういうの。さっき撮影のときも、同じタイミングで息を「スゥ〜」ってしちゃった時あったじゃん。「うわ、恥ずかし」って思ったわ。

仲野:今日だけでもめちゃめちゃあったね(笑)。舞台挨拶でも同時に同じこと言ってた。

菅田:もう慣れたけどやっぱ気持ち悪いな(笑)。

INFORMATION

タロウのバカ

9月6日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本・編集:大森立嗣
音楽:大友良英
出演:YOSHI 菅田将暉 仲野大賀 奥野瑛太 豊田エリー 植田紗々 國村 隼
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
配給:東京テアトル
www.taro-baka.jp