CLOSE
FEATURE
突き進め、表現者たちよ。菅田将暉と仲野太賀が見据えるクリエイションの光。
映画『タロウのバカ』

突き進め、表現者たちよ。菅田将暉と仲野太賀が見据えるクリエイションの光。

いまを生きる若者と大人、日本社会、衝動、煌めき、そのすべてが真っ向から映し出される映画『タロウのバカ』が9月6日(金)に公開されます。本作は『ゲルマニウムの夜(2005)』、『まほろ駅前多田便利軒(2011)』など数々の話題作において “人間” と向き合ってきた大森立嗣監督の最新作であり、彼自身が20年前に書いた脚本をもとに蘇らせた実質的な処女作でもあります。気鋭の新人・YOSHIと共に主演を務めたのは、菅田将暉と仲野太賀。YOSHIについて、そして、ふたりが挑み続ける “表現” について迫りました。

  • Photo_Baker Taro
  • Styling_Shogo Ito (菅田将暉)
  • Styling_Dai Ishii (仲野太賀)
  • Hair & Make-up_Eito Furukubo(菅田将暉)
  • Hair & Make-up_Masaki Takahashi (仲野太賀)
  • Text_Saori Uemura
  • Edit_Rei Kawahara

後悔と反省を繰り返す、
ものづくりの楽しさ。

ー おふたりは演技だけでなく、音楽や写真などを通しての表現にも挑戦していますよね。たとえば制作しているときはいい感じでも、時間が経つと違うなと思えてきたり。これってものづくりあるあるなんでしょうか。

菅田:うん。俺らもそんなんばっかだよね。

仲野:毎回あります。「あー、あの時こうすればよかった!」っていうのは、後悔というか発見にも近いんですけどね。そのときは自分なりに精一杯やってたんだけど、あとからなんかちょっと、見えてなかったなって自然に思えたり。それは手を抜いていたとかではなくて、見えなかったものが時間が経つと見えてくるってことは、色々な状況においてあるような気がします。

ー ずばり表現の行先は、闇ですか?光ですか?

仲野:絶対、光でしょ。

菅田:うん。じゃなきゃぼくらこんな、矢面に立ってないというか。広い意味で言うとエンターテイメントなので、最後は楽しくないと。光じゃないとたぶんやれない。

仲野:光以外は興味ないなあ。

菅田:ひとを傷付けたりするものが闇とするならば、もちろん、そういうものづくりはしたくないです。

仲野:その作品に触れて、今日も頑張ろうとか、明日も頑張ろうとか思ってもらえたら嬉しいし。なんか自分自身も、そういうものに触れて頑張ってこれたような気がするから。

菅田:つくり物の良さ、だよね。だからこそちゃんと “闇” もつくれる。実生活で人刺しちゃったらダメですし。

INFORMATION

タロウのバカ

9月6日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本・編集:大森立嗣
音楽:大友良英
出演:YOSHI 菅田将暉 仲野大賀 奥野瑛太 豊田エリー 植田紗々 國村 隼
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
配給:東京テアトル
www.taro-baka.jp