CLOSE
FEATURE
セレクトショップがこぞって推す、ワイルドシングスのモンスターパーカ。
Standard and latest.

セレクトショップがこぞって推す、ワイルドシングスのモンスターパーカ。

過酷な環境下で活動する特殊部隊向けにつくられたPUC(保護戦闘服)の象徴として古くから存在し、ここ最近はファッションアイテムとしての認知度も上がっていたモンスターパーカ。そんな定番を、〈ワイルドシングス(WILD THINGS)〉が今日的にアップデートしてリリースしたのが昨年のこと。デビューシーズンながら軒並み好評を得て迎えた今シーズンは、インラインモデルから別注モデルまで、さらなる進化を経て登場しました。バイイングを担当した4つの有力セレクトショップのスタッフに、その魅力を語っていただきます。

  • Photo_Ryuta Seki
  • Text_Kenichiro Tatewaki
  • Edit_Yosuke Ishii

FOCUS01 BEAMS

吉川基希さん / BEAMS メンズカジュアル
ディレクター

ー これまでのモンスターパーカにはどんなイメージをお持ちでしたか?

3、4年くらい前に古着に精通されている方がモンスターパーカを推してて、それで業界の人が着るようになった記憶があります。そのあとブランドがそのままのサイズ感でリリースしているのを見て、モンスターパーカが拡がった印象はありましたね。ただ、とにかく大きいので、一般の人には難しいんじゃないかとも思っていました。

ー 今回の別注モデルを制作したきっかけは?

去年の秋冬に〈ワイルドシングス〉から、モンスターパーカのイメージは残しつつ、街でも普通に着れるサイジングのものがリリースされたのがきっかけ。価格とプリマロフトの分量、デザインのバランスがちょうど良くて、実際に「ビームス」でも売れたんですよ。新しいモデルが初年度から売れることって滅多にないのですが、評判がすごい良かった。それをベースに別注したら、さらに新しい表現ができるんじゃないかと。

ー 別注するに当たり、こだわったポイントを教えてください。

〈ビームス〉といえばクレイジーパターン。とくに〈ワイルドシングス〉のクレイジーパターンのデナリジャケットはうちの代表作でもあるので、それを2019年秋冬シーズンのテーマでもあるアースカラーで表現しました。砂漠地帯向けに開発されたデザートカモのパターンに使われている色組みで構成しています。今季のテーマに合って、かつストーリー性を持たせるという意味でも仕上がりにはとても満足しています。

ー “タウンユース”というテーマで着るなら、どんなスタイリングがおすすめですか?

もともと軍物だし、素材も化繊なのでアウトドアやミリタリー感全開になりやすいんですよ。あくまでも普段着として着たいので、スウェットにジーンズ、コンバースみたいな格好に合わせた方が自然体でいいのかなと。そういうスタイルを狙って、クレイジーパターンでありながらも色は落ち着かせています。昨今のストリートブームを考えると、化繊のパンツをソックスインするような合わせもいいんですけど、逆にこういうベーシックな提案もおもしろい気がします。

STYLE SAMPLE BY BEAMS

〈ワイルドシングス×ビームス〉モンスターパーカ ¥39,000+TAX、〈シュタンバウム〉パーカ ¥30,000+TAX、〈オアスロウ×ビームス〉パンツ ¥19,800+TAX、〈コンバース×ビームス〉スニーカー ¥27,000+TAX(すべてビームス 原宿)


WILD THINGS × BEAMS

MONSTER PARKA ¥39,000+TAX

ビームス 原宿

03-3470-3947
www.beams.co.jp

INFORMATION

インス

電話:0120-900-736
www.ins.fm