CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.140 隅々まで美意識が息づくジル サンダーの服。

ロゴやグラフィックが人気だ。SNSが生活の一部になり、そこで自己表現をしようと思えば分かりやすい記号が主役に躍り出るのは当然だろう。しかし、それを無駄に目立たせたり、いくつも配置するようなデザインはこのブランドのコンセプトとやや異なる。実際、クリエイティブ ディレクター、ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻もそう感じたのかもしれない。

〈ジル サンダー(JIL SANDER)〉の定番ライン「エッセンシャル」に撥水性も備える滑らかなコットンを使ったコートとコーチジャケット。あえてブリーチを施していない、不揃いの糸ならではのナチュラルな風合いを有するコットンのシャツ。

いずれもロゴは背中にひとつ。あくまで脇役としてのあしらいながら、よくよく見ればアイテムによって位置を微妙に変えているのが分かる。このこだわりは隅々にまで美意識が息づく〈ジル サンダー〉ならではであり、ミニマルなデザインだからこそ生きてくる。


このコートは定番ラインの「エッセンシャル」シリーズで19年秋冬シーズンからの継続アイテム。素材はコットンながら撥水性のある生地になっている。
“ESSENTIAL OUTDOOR 02 PNT” COAT ¥238,000+TAX


こちらは「エッセンシャル」シリーズの新作。生地はコートと同じものを使用。
“ESSENTIAL OUTDOOR 03 PNT” JACKET ¥190,000+TAX


生成りのラフな生地はブリーチせずにあえて不揃いな糸を使って織り上げている。
SHIRT ¥62,000+TAX

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

ジルサンダージャパン

電話:0120-919-256
jilsander.com

TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る