CLOSE
NEWS

連載【で、NEW VINTAGEってなんなのさ?】Vol.7 なんなら“本家よりも調子がイイ”エル・エル・ビーン。

そもそもニュー・ヴィンテージとは?

1990年代、誕生から100年経過している“アンティーク”に対し、その定義は満たしていないけど、価値のありそうな古着を打ち出す際に使われ出した言葉“ヴィンテージ”。いまではさらに“レギュラー”と呼ばれていた80年代以降の古着にも、“ニュー・ヴィンテージ”という新たな価値を見出す動きがあります。本企画ではこの古着の新たな楽しみ方を、スタイルの異なる4つの古着屋が提案。それぞれの感覚でその魅力を語ります。

第7回目は、再び「シエスタ(SIESTA)」の青木崇さん。

Text_Tommy
Edit_Yosuke Ishii


青木 崇 / SIESTA店主
Vol.7_エル・エル・ビーンのナイロンジャケット&ナイロンコート

―2巡目ですが、今回紹介していただくニュー・ヴィンテージなアイテムは?

ウチでは以前から定番として取り扱っているブランドのひとつ、〈エル・エル・ビーン(L.L BEAN)〉です。

―古着業界ではメジャーどころですが、それでも面白いモノって見つかるんですか?

たしかに1912年創業と100年以上の歴史を誇るブランドなので、ヴィンテージ市場で高額で取り引きされているアイテムもありますが、ぼくが面白いと思うのは80年代以降のビーン。大量生産の時代だった当時、どんどんジャンルの裾野を広げてしまった結果、アウトドアとは関係ないようなモノも沢山つくっちゃって(笑)。いまだヴィンテージ市場でも全く相手にされていないし、だからこそ誰も見たことのないようなアイテムがまだまだ見つかる。そこがニュー・ヴィンテージ的に面白いんじゃないかなと。

―なるほど。しかし大量生産されていいたはずなのに、誰も見たことのないレア個体が見つかるって、なぜなんでしょうか?

エルエル・ビーンのナイロンジャケット ¥25,000+TAX(シエスタ)

多分、市場に眠っているだけなんだと思います。例えばコレ。80年代のアイテムと推測されますが、コーデュロイ襟や素材の表情、そしてデザイン。もろに〈バブアー(Barbour)〉の「ビデイル」(笑)。たしかに格好イイけど、古着のプライスだったら本家を選びたくなるのが人情。そんなワケで、これまではピックされてこなかったというのが実情。そもそも売れなかったからワンシーズンでディスコン(廃盤)になった可能性も無きにしもあらずですし、そんなアイテムが山のようにあって、埋もれてしまったんじゃないかなと。第3回目でも話したように、古着を選ぶ人って“他人と被らないからイイ”という前提があったりするので、そういう意味でも狙い目でしょうね。

―知る人ぞ知る、良品ですね。

正直、素直に〈バブアー〉を買えばいい話なんだけど、それではイヤという天邪鬼な人もやっぱりいて、そこにアメリカ人のフィルターを通して誕生したんだろうなと想像できます。違いとしては、ワックスドコットン素材ではなくコットン×ナイロンを採用している点。胸の切り替えとポケットのフラップ部分も差異ですね。あとはビーンの定番ディテールである“縦ポケット”。そして何より、アメリカっぽい裏地のセンスも好き。これがイギリスならタータンチェックを選ぶのでしょうが、アメリカ目線のネルというのが何ともイイ表情で。

―パッと見は、完全に〈バブアー〉ですよね。

そうそう。着ていて「その〈バブアー〉、いいじゃん」って言われたら、「いや、実はビーンなんだよね」って返したい(笑)。〈ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)〉も同じようなアプローチを得意としていますが、あっちは生地を変えたり、ディテールを組み合わせたりと、ファッション視点でイジっていますよね。その点、ビーンは実用的な視点で“ここはこうであって欲しい”という、痒いところに手が届くようにアップデートをしている印象があります。

―ローカライズされて、より良くなっていますよね。で、もう1着は同じような素材ですが、もう少し光沢感が強いコートタイプですね。こちらも何だか既視感のあるデザインで……。

エルエル・ビーンのナイロンコート ¥35,000+TAX(シエスタ)

こっちも同じく〈バブアー〉の「ゲームフェア」がモチーフでしょうね(笑)。80年代アメリカ製ですが、マジで初見! 状態もキレイなので、前のオーナーが大事に着ていたのが伺えます。ビーンの魅力のひとつに“全身で揃えても、そうは見えない”というのがあって、さっきのもブランドロゴが同色刺繍だったりしますし、なのにボタンにはブランドネームが刻まれていて主張が強いという自己矛盾もまた良き(笑)。バチッとロゴを主張するのが苦手な人には丁度いいのでは。

―とはいえ、ディテールはかなり凝っていますね。

コーデュロイの襟は、チンストラップでスタンドカラーにもできますし、ハンドポケット&フラップ付きのポケットがあるので、よっぽどでなければバッグいらず。裏地は先ほどのジャケット同様にチェック柄のウール素材で、腰下部分と袖の裏地はナイロン。で、袖には中綿入り。比翼に隠れている部分にもポケットがあるし、むしろ本家よりもこっちの方がイイくらい(笑)。

―メチャ使いやすそう! 俄然、ビーンが気になってきました。

タマ数もあるので自分だけのフックとなる部分が見つけられると、一気に掘るのが楽しくなるのがビーン。あと、イメージがイイんですよね、女性にも。特に家庭持ちなら、古着だけど奥さんにイヤな顔をされづらいっていうのは、ニュー・ヴィンテージとして生き残っていく上で、かなり大きいぞと(笑)。

青木崇 / SIESTA 店主
渋谷・神南エリアの人気古着屋「I&I」を経て、インポート&古着、自転車のパーツなども取り扱うショップ「シエスタ(SIESTA)」を、原宿・とんちゃん通りにオープン。アメリカ西海岸周辺のカルチャーの匂いを感じさせるセレクトで、スケーターや自転車乗り、シティボーイから業界関係者まで幅広くファンを獲得。今年でめでたく10周年を迎えた。
公式HP:www.siesta81.com
インスタグラム:@siestastore

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#NEWVINTAGE

もっと見る