CLOSE

NEWS

松本直也の写真を、服に。あのセレクトショップとシャツの専業ブランドが、あざやかにトランスフォームをさせました。

モノは自然現象や人力が作用することで、ちがう形へと様相を変えることがあります。

昨年、駒沢のセレクトショップで行われた松本直也さんの写真展では、それらの機微を写真を介して見ることができました。

そんな松本さんの写真に感銘を受け、あのショップとブランドが動きました。

Drizzler SH ¥48,000+TAX/Pajama Pants 2 ¥46,000+TAX

先の展示会場でもある駒沢の「スクール(Skool)」と、シャツの専業ブランド〈マービンポンティアックシャツメイカーズ(Marvine Pontiak Shirt Makers)〉。

両者が手を取り合い、シャツ1枚とパジャマパンツ1本をつくりました。素材はレーヨンリネン、カラーは赤のみ、サイズはワンサイズと、インラインではなし得ない強気な制作ではありますが、その出来は間違いありません。

写真に写されていたモノたちが全面に配され、柄として機能しています。シャツは一見派手に見えますが、アロハのノリで着られるラフ感も。そして〈マービンポンティアックシャツメイカーズ〉の手腕光るパターンはゆったりめで、男性はもちろん、女性が羽織やダボ着のように着るのもかわいらしいですよね。

パジャマパンツはその名の通り、家でくつろぐときに穿くも良し、トップスの合わせ次第では外着としても活躍してくれそうです。

写真展のタイトルの「transform」よろしく、写真が服へと姿を変え、新たな価値が生まれました。「スクール」ではすでに発売中。早めの来店、そして購入後はこれを着て駒沢公園で散歩するのがおすすめです。

Model_Sora Shimano

INFORMATION

Naoya Matsumoto × Skool × Marvine Pontiak Shirt Makers Vol.01

問い合わせ先:Skool
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢5丁目19-9 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#松本直也

もっと見る