CLOSE
NEWS

連載「憧れの逸品」No.221 ぼくらの気持ちにそっと寄り添うプラダのアウター。

ベルギーのファッション史に太字でその名を記載されるだろうデザイナー、ラフ・シモンズが〈プラダ(PRADA)〉に加入したニュースは業界を駆け巡った。ミウッチャ・プラダと手を携えて完成させた2021-22年秋冬メンズコレクションはぼくらの期待を裏切らないものだった。

二人がテーマに据えたのは “POSSIBLE FEELINGS”。感じたい、触れたいという思いを表現したという。コロナ禍でひととの繋がりが希薄になったいま、ファッションはなにができるのか。この問いに二人は正面から答えた。

〈プラダ〉の新たなアイコン「リナイロン」をまとったボンバージャケットやコート。その要所にはシェットランドウールのジャカードニットがあしらわれていた。60年代のアーカイブをモチーフとしたそのニットはまさに “触れたい” という思いをかたちにしている。

見逃せなかったのはラフが愛してやまないサブカルチャーなエッセンスがくっきりと浮かび上がっていたことである。ボンバージャケットはその象徴だろう。ランウェイではXXXL(!)という特大のサイズをまとったモデルが闊歩した。




ラフ・シモンズならではといえるMA-1型のボンバージャケット。内側には60年代のアーカイブを再解釈した幾何学模様のジャカードニットが使われている。¥544,500(予価)




モッズコートをアレンジしたような一着は、男心をそそる落ち着いた色味の「リナイロン」がたまらない。こちらも内側にシェトランドウールのジャカードニットがあしらわれている。¥660,000(予価)

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa

INFORMATION

プラダ クライアントサービス

電話:0120-45-1913
オフィシャルサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#憧れの逸品

もっと見る