CLOSE
NEWS

【読者プレゼント】映像化不可能と言われてきた小説を、ドゥニ・ヴィルヌーヴがSF超大作に。映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日に公開です。

過去のすべてのSF映画は平伏し、そして喜んで涙を捧げるでしょう。映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日に公開です。

STORY
全世界から命を狙われる、“未来が視える”能力を持つ青年、ポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ)。その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な“砂の惑星デューン”への移住を機に、アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発した。父を殺され、復讐そして全宇宙の平和のために、巨大なサンドワームが襲い来るその星で“命を狙われるひとりの青年”ポールが立ち上がる―

原作は、SF小説「デューン/砂の惑星」。『スター・ウォーズ』や『風の谷のナウシカ』、『アバター』などの歴史に名を刻む作品は、この小説なくして生まれませんでした。それほど多くのクリエイターやカルチャーに影響を与えつづけている伝説の作品です。

これまで名だたる作家が同作の映像化を試みてきたわけですが、壮大なスケールの作品ゆえに、世界を席巻させるほどの結果はなかなか残せませんでした。しかし今回、そんな問題作にドゥニ・ヴィルヌーヴが立ち向かいました。

『ブレードランナー2049』では異次元の天才と称され、『メッセージ』ではアカデミー賞にノミネートされたドゥ二・ヴィルヌーヴ監督。映像化不可能と言われてきた本作を、2021年最先端の技術を用いてついに映画化しました。監督自ら「キャリア史上最も重要な作品」と断言する傑作の裏側を、今回はすこしご紹介しましょう。

主人公ポールを演じるのは『君の名前で僕を呼んで』で、若干21歳にしてアカデミー賞主演男優賞にノミネートを果たしたティモシー・シャラメ。彼の脇を固める俳優陣も『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤ、『アクアマン』でおなじみジェイソン・モモア、アカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、アベンジャーズの宿敵サノスを演じたジョシュ・ブローリンがポールを全力サポートする腹心を演じます。

また、『スター・ウォーズ』続三部作ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックと『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のレベッカ・ファーガソンがポールの両親役で登場。壮大な宇宙戦争の幕開けにふさわしいキャストとスタッフが集結しました。

さらに、本作は「IMAX社」全面バックアップのもと、クリエイターが意図したクオリティの映像&音響が劇場で変換(=劣化)することなく再現可能となりました。ラージフォーマットIMAX®を超える“究極の映画体験”が可能な「Filmed For IMAX®」に認定された世界初の作品。

これまでの映画体験にはない圧倒的な没入感、そして未だかつて経験したことのない未来型シネマ・エクスペリエンスを実現しました。映画がこんなにも壮大で、こんなにも繊細なものだということを、本作の鑑賞を経て知ることになるでしょう。

超大作が生まれる瞬間に立ち会えるのは、その時代を生きて、そして映画館へ足を運んだひとだけです。公開は10月15日(金)から。

映画の公開を記念して、フイナム読者に本作のオリジナルグッズであるソックスをプレゼント!
応募詳細はインフォメーションよりご確認ください。

INFORMATION

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

公開日:10月15日(金)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
脚本:エリック・ロス ジョン・スペイツ ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
原作:「デューン/砂の惑星」フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)
出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、ゼンデイヤ、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムほか
配給:ワーナー・ブラザース映画  
dune-movie.jp  
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

【オリジナルソックス プレゼント】
ご当選:3名様
応募締切:10月14日(木)23:59まで
応募方法:氏名、メールアドレス、年齢、職業、郵便番号、住所、応募理由をご記入のうえ、件名を「【フイナム】『DUNE/デューン 砂の惑星』プレゼント」として、【presents@rhino-inc.jp】までメールでご応募ください。
※個人情報はプレゼントの発送以外の目的では利用いたしません。
※当選結果はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#映画

もっと見る