CLOSE
FEATURE
タイニーガーデン蓼科がもたらした新しいキャンプの形。
LIVE MORE COMFORTABLY.

タイニーガーデン蓼科がもたらした新しいキャンプの形。

2019年9月、「アーバンリサーチ」がオープンさせた宿泊滞在施設「TINY GARDEN 蓼科」。ここはホテルでもなければ旅館でもない。キャンプはできるけれど、キャンプ場でもない。もちろんゲストハウスやB&Bといった施設でもない。宿泊しながら、自然を媒介にして衣、食、住、遊を楽しめる場所なのです。標高1250m、澄みきった空気と白樺の木々に囲まれた“小さな庭”を、隅から隅までレポートします。

  • Photo_Masahiro Muramatsu
  • Text_Masahiro Kosaka

4,800坪の敷地に客室、温泉、カフェ、ショップを併設する滞在型宿泊施設。

東京からクルマで2時間半。標高1,250mに位置する長野県茅野市の蓼科湖。そのほとりにオープンしたのが「TINY GARDEN 蓼科(以下:TGT)」です。

さまざまな設備をそろえる、次世代型の宿泊施設。

もともとキャンプ施設として運営されていたこの場所を「アーバンリサーチ」が受け継ぎ大改造。4,800坪もの敷地に、3タイプの客室と温泉、カフェ、ショップを併設する滞在型宿泊施設を作り上げました。

デザインを手がけたのは、数多のクリエイティブ空間をデザインしてきた「Puddle」。写真は代表の加藤匡毅さん。

キャンプ場に隣接する蓼科湖。豊かな自然に囲まれていることがわかる。

ちなみに「TGT」は、先日フイナムでもレポートしたフェス「TINY GARDEN FESTIVAL」に端を発したプロジェクト。

そのフェスの延長線上にあるようなキャンプ場を作ろうと3年前から計画を進め、ついに追い求めていたロケーションに出会い、念願かなって今年の9月にオープンを果たしました。

INFORMATION