CLOSE
FEATURE
新しく生まれ変わったビッグマックと4つのセレクトショップ。
Reborn BIG MAC and 4 Select Shops

新しく生まれ変わったビッグマックと4つのセレクトショップ。

1920年代にアメリカのデパートメントストアが手掛けるストアブランドとして誕生した〈ビッグマック(BIG MAC)〉。当時、優れた機能性を有する品質の良いプロダクトを生産し、労働者から多くの支持を得ました。現在は、その長い歴史のなかで蓄積されたデザインアーカイブを基に、シルエットや素材にアレンジを加えたプロダクトを2019 AWシーズンから展開中。今回は数多くのセレクトショップやブランドが、別注モデルやインラインコレクションを取り扱いはじめているなか、「ビームス(BEAMS)」「フリークス ストア(FREAKS STORE)」「チャオパニック(CIAOPANIC)」「ハイ!スタンダード(HIGH! STANDARD)」にフォーカス。最も商品に精通したMD・バイヤーの皆さんに、新たに生まれ変わった〈ビッグマック〉の魅力を教えてもらいました。

  • Photo_Katsunori Suzuki
  • Text_Tommy
  • Edit_Yosuke Ishii

FOUCUS01_BEAMS

王道を貫いて“らしさ”を残しつつ、面白いことが出来たらと考えています。

PROFILE

上田哲平
ビームス MD

「ビームス」部門のMDを務め、アイテムや顧客動向、トレンドなど様々な調査分析を行いながら、商品開発から販売計画立案まで一括して管理する。またパンツ部門のバイヤーとしての顔も持ち、今回の別注プロダクトにおいては主導的立場で関わっている。

ー そもそも〈ビッグマック〉の取り扱いは以前からあったんですか?

いえ、今季からですね。〈ビームス〉は結構、幅広い年齢層のお客様がいらっしゃるなかで、目下の課題となっているのが“いかに若年層を取り込むか”。そうなった時に、この新しくなった〈ビッグマック〉なら、ぼくら世代が通って、見てきたモノとはまた違った、新しい見せ方や取り入れ方が出来るんじゃないかと思いました。

ー 他にもデニムやワークを軸とするブランドを取り扱うなかで、どう差別化するのか興味深いです。

ぼくら世代や、さらに上の世代では、「昔から慣れ親しんでいるブランドだから買ってみた」という人も多いのですが、逆に若い世代はオリジナルを知らないからこそ、フラットな感覚で手に取ってくれている模様。だからこそ、別注プロダクトを手掛けるにあたっても、“王道を貫く”というスタンスを強く意識しました。

ー それはどういった部分に見られますか?

当初は、分かりやすく素材やディテールで変化をつけるという方向性も検討したんですが、まずは〈ビッグマック〉がどういうブランドなのか。そこを知ってもらうべく素材はデニムで統一。ベースモデルを極力イジらず、シルエットやフィットで現代的にアップデートしたコレクションとなっています。その象徴となるのが、デニムのインディゴに対して挿し色にもなっているビームスカラーのオレンジ。裏地のメッシュ素材に落とし込んで、各アイテムに少しずつエッセンスとして注入し、統一感を生むポイントとしました。

ー 反応はいかがですか?

9月上旬から発売されているんですが、お客さんはもちろんスタッフからの受けも上々。カバーオールを中心にしてコーディネートしている姿がよく見受けられます。とても汎用性の高いコレクションになったので、自由な着方で楽しんでいただければなと。

ー 今後、「ビームス」にとってどのような存在のブランドになりそうでしょうか?

ワークブランドがまた徐々に盛り上がりを見せているなかで、同じカテゴリーの他ブランドとは一線を画すことが出来るブランド。そういった新たな可能性を感じています。

ー ということは、次シーズンも別注は継続ということで。

いまはちょうど2020 SSシーズンの仕込みをしているのでご期待ください!

ー どんなアイテムが登場するのか楽しみです。

リブランディングされ、自由なクリエーションが可能ないまだからこそ“〈ビッグマック〉とは!?”という部分からズレないよう、“らしさ”を残しつつ面白いことが出来たらと考えています。


ビームスが別注したビッグマックのプロダクト3選。

「ビームス」別注プロダクトは、起毛がかった風合いの10オンスデニムをシリーズ共通で使用。さらに3型全てにビームスカラーでもあるオレンジのメッシュ生地を落とし込み、オーソドックスなシルエットと現代的なスポーツテイストを融合させたデニムコレクションが完成。

ITEM01_DENIM COVERALL

ワークの王道アウターに、現代的なスポーツテイストをリミックス。

¥14,800+TAX
〈ビッグマック〉を代表するアイテムのひとつとして、幅広い世代に認知されているデニムカバーオール。
その存在感はまさに今季コレクションにおける主役的存在といえます。
本作では極力デザインには手を加えることなく、オーバーシルエットでまとめて現代的なフィットに調整。
同素材のベイカーパンツとセットでの着用を推奨。

ライニングとして裏地に張られたメッシュ素材が本作における最大のポイント。
袖通りを良くして着やすさを向上させ、さらにアップデート感を分かりやすくビジュアル化する効果も担っています。

ブランドタグはプレーンなデザインの中でもしっかり主張するように、ポケット中央に配置。

ブランドロゴを総柄であしらったスレーキは、インラインコレクションでも採用されているディテール。
折り返した袖口からチラッと覗くバランス感も絶妙です。

シルエットはオリジナルのバランスを踏襲しながら、ショルダーの落ち感や身幅など、全体をオーバーシルエットに調整。

ITEM02_DENIM SHIRT

プレーンな佇まいに加え、シャツアウターとしても使える良シルエット。

¥11,800+TAX
〈ビッグマック〉のデニムシャツらしい、オーセンティックな雰囲気を残しながら、身幅は広めに設計。
ジャストで着た際にも程よい落ち感が楽しめ、シャツアウターとして羽織るのには最適。
また裾出しでの着用を前提としているため、着丈の面でも程よいバランス。
インナーとしてもアウターとしても着やすい1着となっています。

ヨーク部分の裏地には、オーバーオールでも使われているオレンジのメッシュ生地を。

このタイプでは、フラップ付きかボタンなしのどちらかになるパターンが多い胸ポケット。
本作はボタン付きのパッチポケットなので気軽に使え、なおかつ中身の飛び出しも防いでくれる仕様。

ボディは10オンスのデニム生地。
これからの秋冬シーズンでの着用を念頭に置いているため、通常だと6〜8オンスが多いデニムシャツの中では比較的厚め。

着る→洗濯するという一連の流れを繰り返すことで、徐々に進んでいく色落ち。
袖口はパッカリングも生まれやすく、色落ちもより顕著に。

ITEM03_DENIM BAKER PANTS

ブランドの出自であるワークウェアのDNAを凝縮したベイカーデニム。

¥12,800+TAX
デニムパンツは、ブランドの背景であるワークテイストをより色濃く伝えるベイカータイプを選択。
外からは見えない部分ではあるものの、ポケット内のスレーキに色鮮やかなオレンジのメッシュ生地を使用。
シルエットはバギーテーパード&くるぶし位置のジャストレングス。
ゆえにシューズを選ぶことなく高い汎用性を発揮します。

フロント腰にはピスネームが。
ワンウォッシュのインディゴデニムによく映えます。

フロントビューにおける最大のポイントは、当然ながら太もも部分のベイカーポケット。
同様にサイドのツールポケットも印象的です。

サイドのシーム部分など、テンションのかかる部分は3本ステッチ。
以前はワーク色が強くなってしまうからと敬遠されていたディテールということで糸を目立たない同色にするなどしていましたが、
こちらはワークテイストを前面に。

シューズのボリューム感をしっかり受け止めて、すっきりとコーディネートできるバギーテーパードのシルエット。

INFORMATION

ビームス 原宿

住所:東京都渋谷区神宮前3-24-7 1F・2F
電話:03-3470-3947
時間:11:00〜20:00
https://www.beams.co.jp

INFORMATION

インス

電話:0120-900-736
www.ins.fm