CLOSE
FEATURE
レッドイヤーが考えるカジュアルのニューフィーリング。
NEW FEELING OF CASUAL

レッドイヤーが考えるカジュアルのニューフィーリング。

ヴィンテージ、ミリタリー、ワークの要素はメンズファッションに欠かせない。服のベースであり、ちょっとしたディテールの違いが表情をがらっと変える。そんな部分にこだわる〈レッドイヤー(RED EAR)〉が “和装” との融合をテーマに掲げた。着物や柔道着といった日本古来の服のディテールを取り入れ、より普段使いしやすいものへと進化させた。さらに、重ねて着る衣服の伝統を踏まえ、色使いはもちろん、レイヤードのしやすさも意識した。まさに〈レッドイヤー〉流の新しい和洋折衷。〈PS ポール・スミス〉の中でも異彩を放つスモールコレクションを6つのスタイルで表現した。

  • Direction & Styling_Kazumi Horiguchi
  • Photo_Haruko Tomioka
  • Movie_Tomoyuki Tamura(Kujira noise)
  • Hair & Make-up_Yutaka Kodashiro(mod’s hair)
  • Model_Jonas
  • Edit_Ryo Muramatsu
  • ※価格は税抜き

〈レッドイヤー〉ブルゾン ¥50,000、パンツ ¥32,000、サングラス ¥21,000、スニーカー ¥32,000、〈PS ポール・スミス〉シャツ ¥18,000(すべてポール・スミス リミテッド)

春先はさらっと羽織れるカジュアルなブルゾンがあると便利だ。今季の〈レッドイヤー〉が提案するGジャンは襟がポイント。着物や柔道着からヒントを得た襟の形に変更し、さまざまなインナーが合わせやすくなった。このブルゾン自体、着丈が短いので特にシャツとの相性が良く、思い切って派手な柄モノを合わせたい。また、際立つのがミリタリーライクなパンツ。良く見ると部分的に生地の質感を変えることでストライプを表現、一筋縄ではいかない印象的なものへと昇華した。柔道着を思わせるゆったりしたシルエットでつくられ、腰穿きぐらいのラフな着こなしがよく似合う。

INFORMATION

ポール・スミス リミテッド

電話:03-3478-5600
www.paulsmith.co.jp

関連記事#PS Paul Smith

もっと見る