CLOSE
FEATURE | TIE UP
あの親子は、Gapのなに着る? 前編
Gap For Everyone.

あの親子は、Gapのなに着る? 前編

〈ギャップ(Gap)〉は1969年に、デニムとレコードのお店としてサンフランシスコで創業。以来、アメリカの国民的ブランドへと成長し、手軽に手に入るブランドが多数台頭してきましたが、それでもぶれることなく、アメリカのトラッドをベースにアップデートを重ねてきました。そしていま、古着市場でオールドギャップの人気が高まってきたのも、時代にフィットしてきている証。まさにいま、〈ギャップ〉がキテるんです。そこで今回は、秋冬いちおしのアイテムを、ヒップな親子15組に着てもらいスナップ撮影を敢行。前編では7組が登場します。みなさん、〈ギャップ〉の着心地どうですか?

  • Photo_Kosuke Matsuki
  • Text_Keisuke Kimura
  • Edit_Yuri Sudo

SAMPLE 5. 内田 竜之介さん、仁美さん、環(たまき)ちゃん

PROFILE

竜之介さんは「渋谷PARCO」の2Fにある「2G」に勤務。仁美さんは幼稚園の先生で、現在育休中。環ちゃんは生後4ヵ月。子供服は普段から〈ギャップ〉を愛用中。
Instagram:@ryunosuke_uchida / @hitomi__uchida

ー 普段の服の選びのポイントを教えてください。

竜之介:ストリートとトラッドの掛け合わせが多いです。ただ祝日は、子供を抱っこしやすい服が多くなりましたね。

ー 環ちゃんの服は誰が選んでいるんですか?

竜之介:基本、奥さんです。赤ちゃんって何を着てもかわいんですよね。でも、お世辞抜きに、環のものは〈ギャップ〉でよく買っています。本当に(笑)。

ー 〈ギャップ〉の理由はなんなんでしょう?

ー 竜之介さんの服もいい感じです。選んだポイントを教えてください。

竜之介:このパーカを選んだのは、マネキンが着ていてかっこよくて(笑)。あと、デニムは最近の気分だし、〈ギャップ〉といえばデニムなので選ばせてもらいました。ストレッチが効いているから運転も楽だし、子供を抱っこするのも楽なんです。

ー 仁美さんはどうですか?

仁美:私もマネキンが着ていたのがかわいくて、それにつられて(笑)。だから、マネキンを真似たら間違いないなと思いました。

ー 環ちゃんの服はどうですか?

竜之介:実はこのデニムジャケットがずっと欲しくて。だから、この機会をいただけてよかったです。

ー 0歳児用の服って、あまりないものなんでしょうか?

仁美:手頃な値段のブランドのお店って、もうちょっと上の年齢のものはあるんですけど、0歳児のものはあまり置いていないです。だけど〈ギャップ〉は種類もたくさん置いていて、本当に重宝しています。

ー 親子スナップということで、子育ての方針などを聞かせてもらえるとうれしいです。

竜之介:さすがに0歳なので、まだそこまでないですね(笑)。でも、夢中になることを見つけてくれたらなと。

仁美:それっぽく言ってるね(笑)。でも本当に、ひとを傷つけずに、すくすく育ってくれたら十分だと思っています。

パーカ ¥3,990、インナー:白Tシャツ ¥2,990、ストレートデニム ¥4,990、デニムジャケット ¥5,990(竜之介さん)/クルーネックスエット ¥4,490、インナー:シャツ ¥4,990、フレアデニム ¥5,990(仁美さん)/デニムジャケット ¥3,990、ボディスーツ ¥990(環ちゃん)
詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#Gap

もっと見る