CLOSE
FEATURE | TIE UP
逗子海岸映画祭で開催された、ストリートカルチャーな1日。
VANS, SKATEBOARD, FILM & FUN!

逗子海岸映画祭で開催された、ストリートカルチャーな1日。

ゴールデンウィークにだけ現れる蜃気楼「逗子海岸映画祭」。コロナの影響で、3年ぶりの開催となった今年は、そんな風物詩を待ち焦がれていた人たちで連日大盛況。なかでも5月5日の「ストリートカルチャーデイ」には、スケーターたちが各地から訪れ、豪華DJ陣も参加し、湯川正人さんの映画も上映されるというイベント盛りだくさんな1日。ゴールデンウィーク最終日、太陽も参加者もギラギラしていた特別な日をレポート!

  • Photo_Ding Ding
  • Edit & Text_KIMURA

Interview 1. 石渡 誠/アーティスト

現代美術家としてキャリアをスタートし、現在は「core」の名義で、スケートボードの廃デッキを用いてプロダクトをつくる。逗子在住。
Instagram : @_____core_____
HP : www.c-o-r-e.cc

ー 石渡さんは「逗子海岸映画祭」にはどういう関わり方を?

石渡:第4回目から、スケートのランプを作っています。ちなみに、今日は「ストリートカルチャーデイ」という名前ですけど、以前まで「スケートボードデイ」っていう名前だったんです。でも、街中でいろいろ問題になったときに、スケートボードを掲げるのは厳しいっていう話になってしまって、この名前になりまして。ほかにも、この日1日の全体をプロデュースしてたりまします。

ー 石渡さんのスケートボード歴を教えてください。

石渡:小3から乗ってますね。というのも、葉山とか鎌倉に住んでいる人たちってサーファーになるんですけど、この辺は本当に波がないから、なんでかスケボーのカルチャーが根付いているんです。近くにあるウンドコ(第一運動公園)なんかは、割とスケーターのなかではカルト的な人気があったりして。

ー ランプ自体は、毎年違うものなんですか?

石渡:そうですね。毎回作っては解体してっていう感じだからいつも違う。今年は、コーピング(アールとプラットホームとの接点になるレールの部分)のなかにマイクを仕込んで、その音が会場に鳴るようにしたんです。それにエフェクトもかけて、シャキーンってなるように。

ー 「逗子海岸映画祭」の特徴って、なんだと思いますか?

石渡:横の繋がりが強いことですかね。ほとんどをローカルの繋がりでやっているので。今回は3年ぶりだったので、ちょっと手際が悪かったですね(笑)。設営も、いつもより進みが遅かった。でも、会場に来てくれたみんなが幸せそうで、うれしいです。

ー 最後に、今日履かれている〈ヴァンズ〉の履き心地も教えてください。

石渡:実はこれ、今日のために買いました(笑)。ほかにも結構持っているんですけど、〈ヴァンズ〉は「オーセンティック」が好き。ペラペラでいい加減な感じが。ゆる〜くいきたいですよね。

INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#VANS

もっと見る