CLOSE
FEATURE | TIE UP
ディレクター吉川基希と共に編む、 BEAMSの解体新書。第1章「IMA:ZINEのTANYと、スタイリングについて」
STRATEGY OF BEAMS

ディレクター吉川基希と共に編む、 BEAMSの解体新書。第1章「IMA:ZINEのTANYと、スタイリングについて」

「URABAN ACTIVITY LABO」というシーズンテーマを設ける2022年秋冬の「ビームス(BEAMS)」。“都会的な活動をするための架空の研究所” から生まれたウェアの数々をどのように攻略していけばいいのか? メンズカジュアル部門のディレクターを務める吉川基希さんと一緒に、その方法を探ります。
今回は吉川さんの盟友である大阪「IMA:ZINE」のTANY(谷篤人)さんをゲストに迎え、「ビームス」の今シーズンのスタイリングを軸に、アイテムの魅力やいまのトレンドについて語ってもらいました。

  • Photo_Masashi Ura
  • Text_Yuichiro Tsuji
  • Edit_Yuri Sudo

PROFILE

吉川基希

2001年に「ビームス」に入社し、ショップスタッフとして経験を積んだのち、2012年よりメンズカジュアルのバイヤーに就任。2015年にはチーフバイヤーに就任し、現在はディレクターを務める。谷さんとはバイヤー時代からの盟友で、仕事後に毎日のように飲みに繰り出し「家族よりも長い時間を一緒に過ごしていた」そうだ。
Instagram:@yoshikawamotoki

PROFILE

TANY(谷篤人)

関西地区の「ビームス」で販売員、プレスを務めた後、2013年に上京。カジュアル部門のバイヤーを担当し、世界各国を飛び回りながら良質なウェアの買い付けをしてきた。2017年に「ビームス」を退社後、大阪・中津のセレクトショップ「イマジン(IMA:ZINE)」の立ち上げに参画。現在はディレクションとバイイングを担当する。吉川さんとは同い年。
Instagram:@taniatsuhito

INFORMATION

BEAMS 22AW COLLECTION

公式サイト
Instagram:@ beams_official
@beams_mens_casual

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#BEAMS

もっと見る