CLOSE
NEWS

表裏一体の世界と、調和のポイントを探す旅。玄人が好むセモーというブランドについて。

上山浩征が2012年春夏コレクションよりスタートさせた〈セモー(semoh)〉。デザイナーの経歴の中で培われた生地や衣服、フランスアンティークへの卓越した知識が〈セモー〉のクリエイティビティ根幹を担っていて、まるで熟練の職人が生みだす重厚な雰囲気と、西洋の風を感じるエレガンスが共存しているような佇まいを感じとることができます。

そんな〈セモー〉の2019年秋冬コレクションを抜粋して以下の通りご紹介。緊張感のあるルックに仕上がっています。

あらゆる境界線が曖昧になっているこのご時世、“表裏一体” の中で存在していくための調和について考えられた本コレクション。家にいるときのような解放感と、外にでたときの緊張感のような、日常にある対照的な要素における調和のポイントを探しているのだとか。

“人が意思表示をしたり、他人を認識する第一線は、交わす言葉と纏った衣服であると考える” という言葉から生まれたこのコレクション。非日常的で煌びやかなベストやパンツが登場する反面、日常的なコーディネートに重宝されるスウェットなどのベーシックアイテムも組み込まれている。

ウィメンズを含めた全ルックはホームページにて。よりコレクションのことがわかるムービーもぜひご覧ください。

玄人が口を揃えていいブランドだと話す〈セモー〉。ぜひチェックしてみてください。

INFORMATION

semoh

semoh.byhiroyukiueyama.com

TOP > NEWS

関連記事#semoh

もっと見る