CLOSE
NEWS

こういうアイビーもアリかもしれない。ヒューミス流の解釈のカタチがこちらです。

コンセプチュアルなテーマを背景に、芯のあるアイテムを展開するブランド〈ヒューミス(HUMIS)〉。ミリタリーのイメージが強い同ブランドですが、2019年秋冬シーズンにフォーカスしたのは “アイビー” についてでした。

各大学の印象を決定づけるカレッジアイテムのように、ハッキリとした色使いがアイテムに散りばめられた。

とはいえ、ご覧のとおりアイビー全開なわけではありません、あくまで〈ヒューミス〉の色と解釈を最優先したつくりこみ。アイビー的アプローチが随所に見え隠れする点に心を掴まれるのです。

カチッとした襟元やローファーから覗くソックスが美しく見えるように計算されたパンツの丈感など、目立たない場所にこそ〈ヒューミス〉が考えるアイビーの形が詰まっている。

1950年代、米国の大学8校によって結成されたフットボール連盟こそがアイビーの起こり。各校のレンガ造りの校舎に蔦(アイビー)が生い茂ってシンボルとなっていたことから、アイビーリーグとネーミングされたのは有名な話です。このルックとアイテムは、年代が経つにつれて徐々にカジュアルダウンをしていったアイビーの現在形を〈ヒューミス〉らしく表現したものだといいます。

カラーバリエーションも含めると、アイテム豊富な印象を受ける今シーズン。すべてのアイテムの詳細はこちらからチェックください。

INFORMATION

HUMIS

humis.net

TOP > NEWS

関連記事#HUMIS

もっと見る