CLOSE
NEWS

生活を揺るがす小さなひずみ。濱口竜介の新作『悪は存在しない』が公開中。石橋英子の音楽とのセッションもお見逃しなく。

映画好きに限らず、その名前を知ってるひとも多いはず。昨年、第80回ヴェネチア国際映画祭・銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞し、カンヌ映画祭、ベルリン映画祭と、3大映画祭のグランドスラムを果たした濱口竜介監督。

『ドライブ・マイ・カー』(2021)を経て、いまや世界で最も注目される監督のひとりとなりましたがそんななか、新作『悪は存在しない』が公開されました。

STORY
長野県、水挽町(みずびきちょう)。自然が豊かな高原に位置し、東京からも近く、移住者は増加傾向でごく緩やかに発展している。代々そこで暮らす巧(大美賀均)とその娘・花(西川玲)の暮らしは、水を汲み、薪を割るような、自然に囲まれた慎ましいものだ。しかしある日、彼らの住む近くにグランピング場を作る計画が持ち上がる。コロナ禍のあおりを受けた芸能事務所が政府からの補助金を得て計画したものだったが、森の環境や町の水源を汚しかねないずさんな計画に町内は動揺し、その余波は巧たちの生活にも及んでいく。

前作から3年。新作誕生のきっかけは、シンガーソングライター・作曲家の石橋英子さんから濱口監督への映像制作のオファーでした。

石橋さんと言えば、『ドライブ・マイ・カー』での劇中歌を担当しましたが、そこで意気投合したふたりはその後も交流を図り、今回に至ったそう。「従来の制作手法でまずはひとつの映画を完成させ、そこから依頼されたライブパフォーマンス用映像を生み出す」という濱口監督の言葉通り、長編映画『悪は存在しない』を完成させ、その後石橋さんのライブ用のサイレント映像『GIFT』を制作しました。

通常とは異なる形で生まれた2作品。音楽と映像のセッションが行なわれ、双方の可能性を押し広げる機会となりました。

主演には、当初スタッフとして参加していた大美賀均さんを抜擢。娘役には新人ながら鮮烈な印象を残す西川玲さん、物語のキーパーソンとして小坂竜士さんや渋谷采郁さんらが脇を固めます。

穏やかな日常に小さなひずみが生まれはじめ、緊張感が帯びる物語。きっと気づかぬうちにその世界へ没入しているはず。観る者だれもが無関係でいられなくなる映画です。

すでに公開中。ただしミニシアター振興のため、濱口監督本人立っての希望で限られた劇場での公開だそう。事前にご確認のうえ、ぜひ足をお運びください。

INFORMATION

悪は存在しない

出演:大美賀均、西川玲、小坂竜士、渋谷采郁、菊池葉月、三浦博之、鳥井雄人、山村崇子、長尾卓磨、宮田佳典、/田村泰二郎
監督・脚本:濱口竜介
音楽:石橋英子
製作:NEOPA/fictive
プロデューサー:高田聡
撮影:北川喜雄
録音・整音:松野泉
美術:布部雅人
助監督:遠藤薫
制作:石井智久
編集:濱口竜介、山崎梓
カラリスト:小林亮太
企画:石橋英子、濱口竜介
エグゼクティブプロデューサー:原田将、徳山勝巳
配給:Incline
配給協力:コピアポア・フィルム
宣伝:uhuru films
2023年/106分/日本/カラー/1.66:1/5.1ch 
© 2023 NEOPA / Fictive
公式HP
公式X

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP > NEWS

関連記事#濱口竜介

もっと見る