CLOSE
FEATURE
街になじむ西海岸生まれのサングラス・レーン。
Feel like California.

街になじむ西海岸生まれのサングラス・レーン。

太陽サンサンの夏にはサングラスが手放せませんが、機能一辺倒でファッションはおざなりというのは避けたいもの。〈レーン(RAEN)〉は、サーフカルチャーが根付いているカリフォルニア発のアイウェアブランド。オーセンティックなデザインのフレームはすべてハンドメイドで、プロサーファーたちも絶大な信頼を寄せています。そんな西海岸生まれのサングラスは、ここ灼熱の東京にどのようにフィットするのか。5人のスタイルサンプルとともにお届けします。

  • Photo_ Ryohei Obama
  • Text_Masahiro Kosaka
  • Edit_Shinri Kobayashi

BEAVER渋谷店 店次長 船津陽介さん

サングラス:レーン「PARKHURST」、Tシャツ:キャル オー ライン イノベイティブ、パンツ:モジョコジョ、シューズ:パラブーツ、時計:タイメックス

ー 本日の着こなしのポイントは?

夏なので、柄on柄で遊び心を! 特に、今年から立ち上げたBEAVERと〈キャル オー ライン〉とのコラボラインのTシャツが気に入っています。

ー サングラスは、何を基準に選びますか?

自分の手持ちのものと、被らないこと。どうしても好みに偏って、似たり寄ったりになっちゃいがちなので…。最近は、ちょっとヘンテコな形のものが気になって、選ぶことが多いですね。

ー 〈レーン〉のサングラスに対するイメージは?

やはりサーフとかスケートとか、そういうカルチャーのイメージが強いですが、ちょっとシティーな印象もあります。あと、日本人の顔と鼻に合うというのは、普段お客さまからも言われて実感することです。セレクトショップだとどうしてもその人の鼻に合わせた調整まではできないので、買ってすぐ気軽に掛けるにはそこは意外と重要だったりします。

ー いま一番欲しいものは?

マイカー! ハッチバック仕様のセダンが欲しい。

ー 2019年後半の抱負は?

毎年やっているスノーボードの一式を、今年は買い換えたいなと思っています。ほかにも、増税前に遊び道具をいろいろ揃えたいですね!

INFORMATION