CLOSE
FEATURE | TIE UP
気になるあのひとが「ベンチュラ」をつけたなら。8人の証言と肖像。前編
A Day with VENTURA by HAMILTON

気になるあのひとが「ベンチュラ」をつけたなら。8人の証言と肖像。前編

1957年、〈ハミルトン(HAMILTON)〉の「ベンチュラ」は世界初の電池式腕時計として誕生しました。このエポックメイキングな発明はもちろんのこと、インダストリアルデザインの鬼才と呼ばれるリチャード・アービブによる前衛的なデザインもまた、革新的なものとしていまに語り継がれています。そんな「ベンチュラ」を気になるあのひとがつけたなら。ファッション関係者、モデル、ミュージシャン、芸人、アスリートなど、職業や年齢の異なる8人に登場してもらい、彼らの証言と共にこの腕時計の魅力を紐解きます。

Case 01:Shinobu Hasegawa アメカジにも、キリッとしたモードな服にも合う。

PROFILE

長谷川 忍

1978年、静岡生まれ。2005年に「NSC東京校」に入学し、その翌年に相方であるじろうと共に「シソンヌ」を結成。卓越した演技力を武器にコントを展開。実力派のコント芸人としてライブはもちろん、テレビや舞台、ドラマなど、さまざまなフィールドで活躍している。Instagram: @sissonne_hasegawa

ー長谷川さんといえば芸人さんの中でもファッション好きとして知られていますが、アクセサリーにこだわりはあるんですか?

長谷川:本当はつけたいんですけど、芸人の世界でアクセサリーは市民権を得ていなくて。ファッション自体ようやくイジられなくなってきましたけど、アクセサリーはまだまだという感じなんですよ。だからプライベートではつけるんですけど仕事のときは時計くらいですね。

ープライベートではどんなアクセサリーをつけるんですか?

長谷川:アメリカのラッパーの方々を真似してゴールドのネックレスをつけたりとか。ただ、この前プライベートでつけているところを「ニューヨーク」(お笑いコンビ)に見られて。その時はなにも言われなかったんですけど、後日彼らの「YouTube」チャンネルでイジられていました(苦笑)。やっぱイジられるんだな、と…。

ー時計はどんなものをつけるんですか?

長谷川:若い頃は手軽なデジタル時計をつけてましたけど、最近は結婚祝いでいただいたものをつけてますね。それも時間を確認するものというよりは、アクセサリー感覚で。ぼくはデジタルよりもアナログが好きで、やっぱりファッションとして見た時に秒針が見えたほうが格好いいというのがありますね。

VENTURA XXL BRIGHT
「ベンチュラ XXL ブライト」は、“XXL” の名の通り、腕元でしっかりと存在感を放つサイズ感が魅力。スポーティなラバーベルトも特長でカジュアルなスタイルにもマッチする。¥203,500

ー「ベンチュラ」にはどんなイメージをお持ちですか?

長谷川:昔、『BOON』(雑誌)で見たことがあって、大統領がつけている時計っていうイメージです。あとは『MEN IN BLACK』(映画)にも登場したり、アメリカを代表する時計っていう印象が強い。芸人のなかだとコバ(ケンドーコバヤシ)さんがつけていたり、「ピース」の綾部さんもつけてました。だからアメカジっぽい服装にも、キリッとしたモードな服にも合うってことですよね。その振り幅がすごい。そこはぼくのなかで「大統領がしているからなのかな」と思ったりしますね(笑)。

ー今回、実際につけてみていかがですか?

長谷川:この新作、すごい格好いいですね。「ベンチュラ」はもっと小ぶりなイメージだったんですけど、思ったより大きくて。ぼくはカラダも大きいので、これくらいのサイズ感の方がしっくりくるんですよ。ケースのデザインも特徴的だけど、目立つことなく馴染んでるところが魅力的だなと。赤く光るところもどこかSFっぽい感じがして、それこそ『MEN IN BLACK』を思い出しちゃいますよね。

ーすごく似合ってますよ。

長谷川:ありがとうございます! 自分でもそう思ってたんですよ(笑)。

ー時計をつけることによって気分は変わりますか?

長谷川:服とか身にまとうものって鏡を見ないと全体像が分からないけど、時計はパッと腕を見ただけでどうなっているかが分かる。だからいい時計をつけることで、いちいち見ちゃうというか。やっぱりそれって気分が上がっている証拠なんですよね。時計が沼なのがよく分かりますよ(笑)。

INFORMATION

ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン

電話:03-6254-7371
オフィシャルサイト
店舗検索

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#HAMILTON

もっと見る