CLOSE
FEATURE
2023年を大予言! NISHIMOTO IS THE MOUTHの5つのフォーチュン。
WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!

2023年を大予言!
NISHIMOTO IS THE MOUTHの5つのフォーチュン。

「来年はたくさんのメディアに出ることになる…」。2021年末、そんなことをボソッと語り、2022年は見事にさまざまな媒体に登場。そして多くの信者を獲得した、〈NISHIMOTO IS THE MOUTH〉こと預言者・西本克利。2023年は一体どんな年になるのか? 彼が気になる「ファッション」「プロレス」「キャラクター」「恋愛」「西本克利」という5つのトピックについて、特技である予言を駆使し、今年の行く末を占ってもらいました。

  • Photo_Fumihiko Ikemoto
  • Text_Yuichiro Tsuji
  • Edit_Yosuke Ishii

NISHIMOTO IS THE MOUTH

PROFILE

西本克利

1979年生まれ、埼玉県出身。2020年に某ドメスティックブランドを退社。その後、カルトクラブ〈NISHIMOTO IS THE MOUTH〉を立ち上げ、アパレルにグッズを製作し販売している。
Instagram:@k_nisimoto_

NISHIMOTO IS THE MOUTH、2022年を振り返る。

ー西本さん、明けましておめでとうございます!

西本:新年明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いします!

ー2022年は見事に西本イヤーになりましたね。

西本:メディアに出ようって決めていて、それをちゃんと達成できました。『フイナム』シソンヌの長谷川さんと対談させてもらってから、東野幸治さんや宮川大輔さんといった芸人さんにフックアップいただいて、そこから『街録ch』や『ニートtokyo』へと繋がっていきました。ありがとうございました。

ー街を歩いていると「一緒に写真を撮ってください」と声をかけられることも多いとか。もう芸能人じゃないですか。

西本:10月に名古屋でイベントに出演させてもらって、そのときは50人くらい並びがでました。ありがたいですね。でも、声かけてくれるのはほとんど男性なんですよ(苦笑)。

ー自身のブランドである〈NISHIMOTO IS THE MOUTH〉も調子良かったですか?

西本:絶好調ですね。地方のディーラーさんからのお声がけも増えましたし、海外からも増えたので。とにかく今年は認知度を上げようって思いながらがんばったので、目標は達成できたなと。2023年はもっと飛躍しようと思ってますね。もっとおもしろくて、ギリギリのことをしたいです。

INFORMATION

NISHIMOTO IS THE MOUTH

Instagram:@k_nisimoto_
nishimotoisthemouth.com

このエントリーをはてなブックマークに追加