CLOSE
FEATURE
ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.01
NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.01

〈ラコステ(LACOSTE)〉が9月、ポップアップストアをオープンします。そのストアにはなんと、新作とともにおよそ400点にのぼる古着が並びます。理由は明快。〈ラコステ〉がタイムレスであることを証明するためです。同時に、ファッション業界が抱える余剰生産問題に対するブランドからの提案でもあります。この連載では新進気鋭のスタイリスト5人にご協力いただき、オールド・ラコステが時代を超えて通用することをポップアップストアに先駆けて明らかにしたいと思います。第1回は井田信之さん。「クリストフ・ルメールがクリエイティブ・ディレクターとして活躍をした〈ラコステ〉は、ぼくらの世代にとってはスポーツ・ラグジュアリーなブランド。それは古着も例外ではありません」

  • Photo_Toshio Ohno
  • Styling_Nobuyuki Ida
  • Hair & Make-up_Katsuyoshi Kojima(Tron)
  • Model_Sotaro Yasunaga
  • Text_Kei Takegawa
  • Edit_Ryo Muramatsu

ストリート・タッチな
アーバンアウトドアスタイル。

〈ラコステ〉ダウンジャケット ¥36,000+TAX、シューズ ¥20,000+TAX(すべてラコステお客様センター)、〈ラコステ〉古着のマウンテンパーカ 参考商品、〈ロトル〉スウェットパーカ ¥42,000+TAX、スウェットパンツ ¥42,000+TAX(すべてロトル)

フランスならではの上品な色使いが魅力のダウン。井田さんはマウンテンパーカにマウンテンブーツというアウトドアなアイテムをベースにストリート・タッチに仕上げました。

「ショート丈のダウンのインナーに、着丈の長いマウンテンパーカをあえてレイヤードし、近年、アスレジャーや90年代リバイバルなどの影響でストリート・スタイルの定番になりつつあるスウェットパンツを合わせました」

選んだパーカが〈アイゾッドラコステ〉というのも勘どころ。

「カラーパレットもテクスチャーもアイゾッドならではの雰囲気がたまりません。この夏から継続人気のタイダイでバランスをとりました。トーン・オン・トーンも今シーズンらしさを表現したものになります」

フレンチカジュアルの仕上げにもってこいのダウンながら、ストリートに振ってもさまになる。改めて〈ラコステ〉の地力をみせつけられたといいます。


NEW LACOSTE

体にしなやかに沿うダウンジャケット。色合いもキルティングのバランスも上品そのもの。フラップ付きサイドポケットがさりげないアクセントに。シンプルに着てもさまになる一着だ。「サーモア社」のエコダウンファイバー、そしてフード&ハイネックでマフラーいらず。
〈ラコステ〉ダウンジャケット ¥36,000+TAX(ラコステお客様センター)

OLD LACOSTE

80年代につくられた、アメリカ製の〈アイゾッドラコステ〉のマウンテンパーカ。アンニュイなカラーパレット、テクスチャーが古き良きプロダクトを思わせる。サイズはLだが、シルエットはタイト。ドローコード付き。

PROFILE

井田信之

スタイリスト。1986年生まれ。2006年に舛舘和憲に師事。09年独立、モードを極めるべく渡英。現在は帰国し、ファッション誌やカタログを中心に活躍。

INFORMATION

OLD meets NEW !!

日程:9月13日(金)〜25日(水)
時間:11:00〜19:00
会場:表参道ベーカリーカフェ426
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1、2階

期間限定のポップアップショップが表参道に誕生。約400点に及ぶ〈ラコステ〉の古着の販売、古着と今シーズンの新作をミックスしたコーディネートの提案、古着を元の価値より高めようという試み「UPCYCLE」のオーダー会など、ブランドの新しい考え方と自由なファッションの価値観を提案。

OLD meets NEW !! キャンペーンサイト

www.lacoste.jp/oldmeetsnew

ラコステの古着のプレゼントキャンペーン:詳しくはこちら

ラコステお客様センター

電話:0120-37-0202
www.lacoste.jp

ジャックポット
電話:03-3352-6912

スタジオ ファブワーク
電話:03-6438-9575

ロトル
電話:03-5787-8205

関連記事#NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

もっと見る