CLOSE
FEATURE
ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.03
NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.03

何十年経っても古びることがないブランド〈ラコステ(LACOSTE)〉。表参道にて開催中のポップアップストアには新作とともにおよそ400点にのぼる古着が並んでいます。このイベントに合わせて、新進気鋭のスタイリストに出したお題は、新作のアウターと古着を自由に組み合わせて下さい、というもの。第3回は李靖華さんです。「〈ラコステ〉はあらゆる世代が着られるブランド。帰郷をテーマに、学生時代と社会人になって少し大人になった時代の変化をかたちにしてみました」

  • Photo_Kota Yagi
  • Styling_Yasuka Lee
  • Hair & Make-up_Masaki Takahashi
  • Model_Leo
  • Text_Kei Takegawa
  • Edit_Ryo Muramatsu

学生の帰郷。

〈ラコステ〉トラックジャケット ¥23,000+TAX(ラコステお客様センター)、〈ラコステ〉古着のTシャツ 参考商品、〈ミドリカワ リョウ〉シューズ ¥45,000+TAX(オーバーリバー)、その他 スタイリスト私物

「まだまだやんちゃな学生時代。コンビニに行く服が妙に体に馴染んでいる頃合いですね(笑)。そんな時代にぴったりなのが大胆なチェックが入った太めのパンツ」

着こなすのが難しそうなパンツですが、李さんの手にかかればご覧のとおり、全体として見たときには落ち着いた雰囲気に。

「トップスは〈ラコステ〉の新作と古着で構成しました。よく見るとパンツのすべての色と合わせています。〈ラコステ〉そのもののポテンシャルも見逃せません。色を使っても派手にならない。それが〈ラコステ〉の面白さだと思う」

色柄の相性を考えるのが好きと語る李さんならではのスタイリングです。

「ベーシックなフレンチカジュアルがベースにあって、色柄もサイズも豊富に展開している〈ラコステ〉はいろんな楽しみ方ができるブランド。そんなブランドらしさを表現してみました」


NEW LACOSTE

ダイヤリップストップナイロンを鹿の子素材で切り替えたブロッキングパターンが懐かしくも新鮮なトラックジャケット。リラックスシルエット&襟まわりに配したドローストリングも見どころ。
〈ラコステ〉トラックジャケット ¥23,000+TAX(ラコステお客様センター)

OLD LACOSTE

一目惚れして手に入れたという80年代の古着。いまに通じるビッグシルエット、そしていまではなかなかお目にかかれない色目。どれも最高ですと李さん。

INFORMATION

OLD meets NEW !!

日程:〜9月25日(水)
時間:11:00〜19:00
会場:表参道ベーカリーカフェ426
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1、2階

期間限定のポップアップショップが表参道に誕生。ファッション業界が抱える余剰生産問題に対するブランドからの提案として、約400点に及ぶ〈ラコステ〉の古着の販売、古着と今シーズンの新作をミックスしたコーディネートの発信、古着を元の価値より高めようという試み「UPCYCLE」のオーダー会など、ブランドの新しい考え方と自由なファッションの価値観を提案。

OLD meets NEW !! キャンペーンサイト

www.lacoste.jp/oldmeetsnew

この記事でスタイリストの李さんが選んだ、〈ラコステ〉の古着を「フイナム」の読者にプレゼント! 詳しくはこちら

ラコステお客様センター

電話:0120-37-0202
www.lacoste.jp

オーバーリバー
電話:03-6434-9494

関連記事#NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

もっと見る