CLOSE
FEATURE
ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.04
NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.04

何十年経っても古びることがないブランド〈ラコステ(LACOSTE)〉。これを証明すべく新進気鋭のスタイリストに出したお題は、新作のアウターと古着を自由に組み合わせてください、というもの。第4回は髙品逸実さんです。「〈ラコステ〉の古着を改めて調べてみて、そのパーマネントなものづくりに感銘を受けました。今回取り上げた古着以外にも、思わず唸る服がたくさんありました」

  • Photo_Takuroh Toyama
  • Styling_Itsumi Takashina
  • Hair & Make-up_Yosuke Akizuki(traffic)
  • Model_Kagiru
  • Text_Kei Takegawa
  • Edit_Ryo Muramastsu

ホワイトの
トーン・オン・トーン。

〈ラコステ〉ブルゾン ¥56,000+TAX、シューズ ¥16,000+TAX(ともにラコステお客様センター)、〈グルメジーンズ〉パンツ ¥24,000+TAX(Skool)、その他 スタイリスト、モデル私物

「素人モデルの自然体のよさを活かしたいと思い、こちらではあえてモデル本人の私物が映えるようなスタイリングを考えてみました」

胸元のネックレス、リング、ベルト。彼の私物を使いつつ、オーバーサイズのパンツを合わせたストリート・ライクなスタイリング。これをすっきり見せるのが、ホワイトのトーン・オン・トーンと、ダウン。

「そのダウンは色使いはもちろん、オーセンティックなデザインも見逃せません。私にとって〈ラコステ〉はクリーンな印象のあるブランドですが、私が思い描くそんな〈ラコステ〉像をかたちにしているダウンです。ホワイトでまとめれば、彼のアクセサリーが遊び心として成立します」


NEW LACOSTE

撥水加工を施したポリエステルタフタ製シェル、たっぷり充填したダウンインサレーション、フェイクファーをあしらったフード、コットンリブをあしらったスタンドカラー。冬のアウターとして鉄壁のコンストラクションだ。ホームベース型のフラップ付きポケットがミリタリーな雰囲気を演出。
〈ラコステ〉ブルゾン ¥56,000+TAX(ラコステお客様センター)

OLD LACOSTE

カーディガンは80年代のアイゾッドラコステ。アンニュイなアイボリーがいい味を出している。真っ白なダウン&Tシャツにメリハリをもたせる大切なレイヤードだ。コンパクトなサイズ感も◎。(この古着を読者にプレゼント! 詳しくはこちら

INFORMATION

ラコステお客様センター

電話:0120-37-0202
www.lacoste.jp

この記事でスタイリストの髙品さんが選んだ、〈ラコステ〉の古着を「フイナム」の読者にプレゼント! 詳しくはこちら

Skool
skool-komazawa.com

原宿シカゴ 下北沢店
︎電話:03-3419-2890

関連記事#NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

もっと見る