CLOSE
FEATURE
ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.02
NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

ニュー・ラコステとオールド・ラコステのミクスチャースタイル。Vol.02

何十年経っても古びることがないブランド〈ラコステ(LACOSTE)〉。表参道にて開催されるポップアップストアでは新作とともにおよそ400点にのぼる古着が並びます。このイベントに合わせて、新進気鋭のスタイリストに出したお題は、新作のアウターと古着を自由に組み合わせて下さい、というもの。第2回は千野潤也さんです。「骨太なブランドが好きなぼくにとって、〈ラコステ〉はやっぱり外せないブランドです。スポーツウェアとしての土台をきちんとつくりあげた〈ラコステ〉は、時代を超えて一着の強さがあります」

  • Photo_Genki Nishikawa(Tron)
  • Styling_Junya Chino
  • Hair & Make-up_Miho Emori(KiKi)
  • Model_Akito Mizutani(donna)
  • Text_Kei Takegawa
  • Edit_Ryo Muramatsu

冬のホワイト。

〈ラコステ〉ダウンベスト ¥36,000+TAX、ブルゾン ¥25,000+TAX、スニーカー ¥14,000+TAX(すべてラコステお客様センター)、〈マーカウェア〉ブルゾン ¥46,000+TAX(パーキング)、〈トゥモローランド ピルグリム〉パンツ ¥27,000+TAX(トゥモローランド)

千野さんが選んだのは、ダウンベスト。

「〈ラコステ〉のアイデンティティである鹿の子編みを採用したダウンです。ナイロンが主流のダウンにあって、さり気なくも個性的な一着。といってもオーセンティックなデザインなので悪目立ちすることはない。ジッパーを隠す比翼仕立てでミニマルに仕上げているのも良いですね」

千野さんは定番のポロシャツに敬意を評し、白を選びましたが、それはスタイリングとして見たときも重要なポイントです。

「重くなりがちな冬にあえて、白というのが気分。ダウンベストのワントーンならモード過ぎないので気負わずに着られます。オフホワイト、ケミカルホワイト、クリームとトーン・オン・トーンを意識すればさまになります」

白のポロシャツを探して訪れた古着屋で見つけたのが、襟と袖に黄色を差したフレンチラコでした。

「鮮やかな黄色では強すぎるけれど、これくらいのトーン&分量なら、差し色として面白いと思いました」


NEW LACOSTE

数シーズン前にリリースされた定番人気のピケダウンベストがコットンからポリエステルにアップデート。最新技術のステッチレス仕様と相まって都会的な印象に。鹿の子編みのそれはつるりとした表情のナイロンとはまったく違った印象を与える。
〈ラコステ〉ダウンベスト ¥36,000+TAX(ラコステお客様センター)

OLD LACOSTE

ポロシャツながら、鹿の子ではなく天竺生地を採っているのが新鮮。フレンチラコの一着は、古着ならではのアンニュイなカラーパレット、変則的なボーダーも◎

INFORMATION

OLD meets NEW !!

日程:〜9月25日(水)
時間:11:00〜19:00
会場:表参道ベーカリーカフェ426
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1、2階

期間限定のポップアップショップが表参道に誕生。約400点に及ぶ〈ラコステ〉の古着の販売、古着と今シーズンの新作をミックスしたコーディネートの提案、古着を元の価値より高めようという試み「UPCYCLE」のオーダー会など、ブランドの新しい考え方と自由なファッションの価値観を提案。

OLD meets NEW !! キャンペーンサイト

www.lacoste.jp/oldmeetsnew

この記事でスタイリストの千野さんが選んだ、〈ラコステ〉の古着を「フイナム」の読者にプレゼント! 詳しくはこちら

ラコステお客様センター

電話:0120-37-0202
www.lacoste.jp

アイファウンド
電話:03-6434-7418

トゥモローランド
電話:0120-983-522

パーキング
電話:03-6412-8217

ランド オブ トゥモロー 丸の内店
電話:03-3217-2855

ヨシオクボ
電話:03-3794-4037

関連記事#NEW LACOSTE meets OLD LACOSTE

もっと見る