CLOSE
NEWS | TIE UP

男の憧れを抱いたクルマ好きがブースに殺到! ゴードン ミラーが今年も東京オートサロンに上陸しました!

1月12日(日)に閉幕した2020年の「東京オートサロン」は、38回目にして過去最大動員数を記録したのだとか。景気の停滞なんてなんのその、クルマに抱く夢や憧れはノンストップなわけであります。

さて、幾多のブースが展開されるなか昨年のオートサロンに続き『フイナム』が注目したのは、オートバックスによるガレージライフスタイルブランドの〈ゴードン ミラー(GORDON MILLER)〉。

サマートリップへの誘い。ゴードン ミラー モータースで出かけるアクティビティの旅。
ケイビングに冬キャンプ。ゴードン ミラー モータースで出かけるロードトリップ。

『フイナム』では2台それぞれにフォーカスした特集記事をUPしているので、こちらもぜひチェックを。

ブランドがスタートした当初からラインナップされているカー用品類の根強い人気はそのまま、昨年はブースに並ばなかったアパレルアイテムやカーインテリアが新しく展開された2020年のブース。

目玉はやはり〈ゴードン ミラー モータース〉のカスタムカー2台でした! 会場で一目惚れしようものなら、そのままクルマの発注!(なんて方もいたかも。)

「東京オートサロン 2020」年には3日間で33万人を超える人々が訪れた。

これまでクルマに日頃から興味のある方々に「オートバックス」がやっているブランドがある。という形で目に留まることが多かった〈ゴードン ミラー〉でしたが、カー用品などなど隅々まで洒落の効いたブランドという認知の先に「オートバックス」の存在を知る、という方が増えてきたのだとか。

アイテム展開数や露出が増えたことも要因の一つですが、ガレージライフスタイルブランドという矜恃と信念のもと、自分のセンスを信じて突っ走ってきた結果がいまの人気っぷり。実際話を聞いたところ、お客さんのリアクションと実績面の両面で今年はかなり良かったようです。

最新テクノロジーを搭載した最新鋭のクルマや、未来をいくデザインを形どったクルマがずらっと鎮座する「東京オートサロン」において、他とは毛並みの違う〈ゴードン ミラー〉を見かけて気になった方も多いはず。逆もまた然りで、〈ゴードン ミラー〉を目がけてきたらオートサロンが予想以上に楽しくてクルマにより興味が湧いたという声もチラホラあったといいます。

先週末も「横浜ランドマークプラザ」でポップアップが開催されたように、2020年も全国各地で〈ゴードン ミラー〉のブースを見かける機会が用意されています。実車は特にその目で確かめて欲しいので、〈ゴードン ミラー〉に少しでも関心がある方は公式オンラインサイトやSNSでポップアップの開催情報などをチェックしてみてください。

INFORMATION

GORDON MILLER

GORDON MILLER
www.gordonmillerpro.com

TOP > NEWS

関連記事#GORDON MILLER

もっと見る