CLOSE
FEATURE | TIE UP
190万分の1の可能性を探る、MY G-SHOCK。Case03 高橋ラムダ スタイリスト
The only one watch in this world

190万分の1の可能性を探る、MY G-SHOCK。
Case03 高橋ラムダ スタイリスト

自分好みのカラーリングで〈G-SHOCK〉をつくれる新サービス、「MY G-SHOCK」。定番の「DWE-5610」をベースに、文字板、ベゼル、ベルト、ベルトループ、バックルの配色を決められるというもの。その組み合わせの合計は190万通り以上にも登り、まさに世界でひとつだけのオンリーワンな〈G-SHOCK〉がつくれてしまうのです。今回このサービスにチャレンジしてくれるのは、スタイリストの高橋ラムダさん。普段から鮮やかな彩りの服を身にまとう高橋さんですが、一体どんな時計ができあがるのでしょうか?

PROFILE

高橋ラムダ

1977年生まれ、東京都出身。スタイリスト白山春久氏に師事し、08年に独立。雑誌や広告、タレントのスタイリングなどを手がける一方で、自身のブランド〈R.M GANG〉も始動し、昨年春からはYouTubeの動画配信もスタートさせた。

サイズも機能もすべてがコンパクト。だから好き。

1983年に〈G-SHOCK〉が誕生するまで、時計は壊れやすいものとして認知されていました。そこに「タフネス」という概念を加え、落としても壊れない時計として現在に至るまで絶対的な地位を確保しつづける〈G-SHOCK〉。これまで数々の名アイテムを生み出し、さまざまな別注モデルが登場。当然の如く、そこには色とりどりのカラーリングが存在します。

今年の秋からスタートした「MY G-SHOCK」は、いわば自分で別注ができるサービス。ブランドのアイデンティティを象徴するファーストモデル「DW-5000C」の系譜を受け継ぐ「DWE-5610」をベースに、文字板、ベゼル、ベルト、ベルトループ、そしてバックルの配色を自分好みの色にカスタマイズできるというサービスです。

「たしかはじめてつけた時計が〈G-SHOCK〉だったと思います。『ビームス』に勤めていた頃だったかな? 『DW-5600』シリーズの時計をつけていました。当時はブラックしかなかったから、それを普段からずっとつけていて。ぼくは古着屋上がりだから、〈G-SHOCK〉もヴィンテージ化していく様子を眺めているのがなんだかうれしかった記憶がありますね。そうしたテンションでどんどん掘り下げていく作業をちょくちょくしていたんです」

*11月23日時点の在庫で組んでいます

そう語るのは、ファッション誌を中心に活躍するスタイリストの高橋ラムダさん。90年代に〈G-SHOCK〉の魅力を知り、さまざまなモデルを手に取ってきたと続けます。

「新しいモデルが出ては買っての繰り返し。追いかけ回していましたね。続々と出てくるから、アレも欲しい、コレも欲しいってなっちゃって(笑)。だけど、なんだかんだで文字板が小さい『DW-5600』シリーズに落ち着くんですよ。これはコンパクトだから自分の腕のサイズにもピッタリ合うし、いわゆる〈カシオ〉のシンプルなデジタルウォッチが好きというのもありますね。ぼくの場合、時間と日付さえわかればいいから。〈G-SHOCK〉って色々機能があるけれど、これは必要最低限でしょう。サイズも機能もすべてがコンパクト。だから好きなんです」

それから20年以上の時を経て、現在の高橋さんの腕にはゴールドのジュエリーが連なります。「最近、ジュエリーみたいなゴールドの〈G-SHOCK〉があるじゃないですか。あれが欲しいんですよ」と高橋さん。

「時計もジュエリーのような感覚でつけることが多くて、ベルトを長めにしてジャラジャラとするのがいまの気分。それだったら時計じゃなくてもいいって思われるかもしれないけど、やっぱり時計をつけているのと、つけていないのでは、気分が違います。ストリートっぽい格好をしたときに、クラシックな革靴を履いたり、サングラスをかけてちょっとハズすように、時計もそうした要素のひとつになるんですよ。それにスタイリストって腕元をよく見られる。そういうときに時計をしていると、ちゃんとした人として認識されるし、それが会話のタネになったりするんです。だから時計は重要ですね」

INFORMATION

カシオ計算機株式会社

電話:03-5334-4869
g-shock.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#MY G-SHOCK

もっと見る