CLOSE
FEATURE | TIE UP
進化するヴァンズを不変のスタイルで履きこなす、12人の自転車乗り。
VANS and BIKE GO WELL TOGETHER.

進化するヴァンズを不変のスタイルで履きこなす、12人の自転車乗り。

〈ヴァンズ(VANS)〉といえばスケシュー。そのイメージは間違いではないけれど、ふと街中でイケてる自転車乗りの足元に目を向けてみると、高い確率で〈ヴァンズ〉を履いていることに気が付くはず。年齢性別を問わないデザイン、激しいアクションに対応した構造、そして“ボロボロになってもカッコいい”という唯一無二の個性。それらの魅力はスケーターのみならず、実はスニーカーをハードに履く自転車乗りたちにも支持されています。さらに近年は、最新テクノロジーを搭載して機能性が格段にアップしたスニーカーが続々と登場中。今回は、カップソール構造の「Wafflecup BMX」やペダルガードのラバーなどが搭載された「VANS BMX Collection」から発売となった新作の「SLIP ON」「OLD SKOOL」「SK8-HI」と、12人の自転車乗りがコラボレーション。進化するヴァンズを不変のスタイルで履きこなす、それぞれの個性が競演したスナップをご覧あれ。

Style 10
金子聡さん/BLUELUG メカニック

東京で3店舗のバイシクルショップを展開する「BLUE LUG」の幡ヶ谷店を長年支えている看板メカニック。自転車に関する造詣が深く、生粋の〈ヴァンズ〉好きとしても知られる。
Instagram:@bluelug

Q1.〈ヴァンズ〉のイメージや思い出を教えてください

気が付いたらずっと〈ヴァンズ〉。スリッポンが多かったけど、定番の白ソールにネイビーのスケハイは、昔に働いていたショップの社長がずっと履いていたのもあって好きでした。

Q2. 新作モデルの「SK8-HI」を履いてみた感想は?

マウンテンバイクで履きたかったからちょうどいい。DURACAPは丈夫だし、仕事柄しゃがんだりすることが多いけど横も強そう。ペダルの食いつきも良かったです。

Q3. 愛用している自転車は?

今はなき〈SURLY〉の1×1を、シングルで楽しめるマウンテンバイクに仕上げました。5年ぐらい前から乗っていて、2.8インチの極太タイヤは山から街までどこでも走れます。

Q4. どんなファッションが好きですか?

今日は暑かったので短パン・半袖! 汚れてもいい服装です。先輩が売ってくれたメッセンジャー憧れの〈ZO Bags〉は、一生使いたいと思える大事なもの。

Q5.自転車で行ってみたい場所は?

場所は言えないけど山。都内にもいいスポットを探したい。

INFORMATION

VANS JAPAN

電話:03-3476-5624
vansjapan.com

このエントリーをはてなブックマークに追加