036 200

TOKYO SEQUENCE

(059/200)

ハマ・オカモト

ミュージシャン

ハマ・オカモト
(059/200)

ハマ・オカモト

Hama Okamoto

ミュージシャン

1991年東京生まれ。ロックバンドOKAMOTO’Sのベーシスト。中学生の頃よりバンド活動を開始し、同級生が結成したOKAMOTO’Sに加入。デビュー当時は年間平均100本を超えるライブを展開し、海外公演等も積極的に実施。ベーシストとしてさまざまなミュージシャンのサポートをすることも多い。

2019年には10周年イヤーを迎え、全国20か所21公演を廻る全国ツアー「OKAMOTO’S 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2019 "BOY"」を行い、6月27日(木)のファイナルは初の日本武道館公演を敢行し大成功を収める。その後、初の中国ワンマンツアーを北京と上海で行い両会場ともSOLD OUT。2020年4月には、初のベストアルバム「10’S BEST」をリリースし、2021年は、1月の配信シングル「Young Japanese」を皮切りに、「Complication」「M」「Band Music」「Picasso」と怒涛の勢いで新曲を発表、その活動の勢いは止まることを知らない。9月29日に9枚目のオリジナルアルバム「KNO WHERE」をリリース。OKAMOTO’S以外の活動としては、数々のアーティストの楽曲にベーシストとして参加、2013年6月には、日本人ベーシストとしては初となる、米国フェンダー社とエンドースメント契約を締結している。また、BSフジ「プレスク」、SSTV「スペシャのヨルジュウ」などのMC、TOKYO FM「THE TRAD」の水・木曜日ナビゲーター、雑誌GINZAの連載「私的なオノマトペ」執筆など、あらゆるフィールドで活躍している。2020年5月11日には自身のムック本、BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES「2009-2019“ハマ・オカモト”とはなんだったのか?」を発売した。